まずは詳しくなろう!花粉症の基礎知識
日本での花粉症の発祥

花粉症といっても、
本当にさまざまな花粉の種類があるのをご存じですか?

私もそうでしたが、生まれつき花粉症を持っているわけではなく、
ほとんどの方がふと「もしかしたら私花粉症かも?」と
途中で気付くことが多いと思います。ilm19_ca01031-s-jpg.jpg


私も生まれつきではなく、小学生くらいのときに
鼻水がひどくて耳鼻科へ行ったら、
花粉症ですねと診断されました。


もともとアレルギー性鼻炎を持っているし、
アレルギー症状が出やすいので、
私は割と年中花粉症の症状が出ています。

なので、2か月に1度は耳鼻科へ通っています。

花粉症を改善するには、まず自分が"どの時期に症状が強くて、
どんな花粉が原因なのか"
をしっかりと知る必要もあります。

花粉症カレンダーのページへ。


花粉症の発祥

日本では、そもそも花粉症が存在していなかったらしいです。

日本で花粉症が発見されたのは、1963年のことで、
齋藤洋三という人物が、花粉症患者が増えてきたのを発表したことから始まりました。


その後、林業がさかんになり、
スギやヒノキなどが大量に各地に植えられたことが、
日本の花粉症患者を大幅に急増させた要因でもあるようです。


また、土や草木などの日本の土地が、
花粉が吸着・分解されにくい土地へと変化していったことも、
花粉症を流行させていったことに繋がりました。


そして現在、日本で花粉症を引き起こす花粉は60種類以上になりました。




                          >>次の記事「花粉症の種類と特徴」へ