花粉症の対策方法・治療
最近話題の"中国大気汚染問題"が花粉と密接な関係?!

最近テレビのニュースで頻繁にやっている、
中国の大気汚染問題を知っていますか?ilm2009_02_015-s.jpg


中国で今大変話題になっている大気汚染問題、
これはもう中国だけの話ではありません。


中国では、街を見渡しても茶色がかって霞んでいるように見えるほど、
空気の状態がかなり深刻な状態になっているのです。


特に中国北京。


ここはもう人々はマスクなしでは生活出来ないほどまでに空気が悪く、
中国に近い日本だけではなく、遠く離れたアメリカにまで
その大気汚染物質は飛来しているほど、地球規模の大問題になっています。


大気汚染の日本への影響はどうか?

日本では、特に大阪や九州、西日本で大気汚染物質、
PM2.5などの微粒子が基準値超えした日を今年に入って
すでにもう何日は記録するほど、日本でも深刻な問題になりつつあります。


このPM2.5の問題をなぜ今お話したかというと、ilm19_ca01028-s-jpg.jpg
花粉症との因果関係があるからなのです。

これは各報道機関などがすでに報道されていることで、
なんと"この大気汚染物質が花粉などのアレルゲンと反応して
アレルギーを起こしやすくする働きがある"
とのことなのです。


これにより、通常よりも2倍も3倍
アレルギーを引き起こしやすくするそうです。

しかも地域によっては7倍にもなるところもあります。


ということは、これまでよりもさらに限界体制で
望まなければならないということです。


花粉症患者にとってはとても迷惑な事態ですが、
花粉もこの大気汚染物質もピークはまさに今。

この大気汚染物質のピークは6月あたりまで続くそうですから、
十分に気をつけましょう。




<<前の記事「実は花粉症を悪化させている?あなたの生活習慣」へ
                          >>次の記事「花粉症の治療って何があるの?」へ


●関連記事
花粉が多くなりやすい天候の条件
花粉症にはヨーグルトが効果あり?
★花粉症対策【マスク・うがい薬】のグッズ紹介・選び方