花粉症の対策方法・治療
花粉症は何科に行けばいい?病院の選び方

ilm2009_03_043-s (3).jpg花粉症というのは、春だけに起こる季節の病気のような気持ちもしますが、人によっては、春のスギ・ヒノキだけにアレルギー反応がでて花粉症となるだけではありません。

1年を通して花粉は飛んでいます。

自分で薬が選べないときや、風邪なのか花粉症なのか判断がしにくい場合には、しっかりと病院を受診しましょう。

一番してはいけないのが、花粉症のピークさえ過ぎてしまえばいいや、と市販薬も飲まないで病院も受診しないで放っておくことです。

花粉症はざまざまな合併症を引き起こし、ただの花粉症では済まなくなることもあるんです。(花粉症の合併症についてはこちら


初めてかかる人は何科に行けばいいのか?

初めて花粉症にかかる方は、花粉症の症状が目・鼻・のど・頭など多くの場所に症状が出ていた場合、何科へ受診したらいいのかさっぱりわからない人もいるでしょう。

花粉症の対象となる科は、耳鼻咽喉科、耳鼻科、眼科などです。

ほとんどの人が耳鼻科・耳鼻咽喉科を受診しますが、内科でも構いません。


選び方としては、自分の症状が一番辛い科を受診しましょう。


たとえば、症状は目・鼻・のど・頭など全てに花粉症の症状が見られる場合でも・・・

→目のかゆみよりも鼻の症状の方が辛い・・・耳鼻科
→喉もかゆいけど目のかゆみが一番ひどい・・・眼科
→鼻水も多少出るけど、喉のたんやかゆみが我慢できない・・・耳鼻咽喉科


といった具合で、出ている症状の中で一番ひどい科を受診すればいいです。


ですが、花粉症のピーク時などは耳鼻科は花粉症患者で大変混雑します。

ですから、そのような時期には耳鼻科ではなく内科を受診するのもいいと思います。内科でも花粉症の薬は処方してもらえますよ。


加えて、ヨーグルトや乳酸菌サプリから乳酸菌を摂取しておくのも、花粉症の症状改善にオススメです。


その理由については、
花粉症にはヨーグルトが効果あり?乳酸菌の効果を解説
で詳しく解説していますので、参考にしてみてください。




●ピークが来てから、急いで花粉症の病院へいけば大丈夫?

それは違います。

花粉症の薬のページでもお話しましたが、薬などの効果が現れるのは、だいだい2週間ほど後になります。

病院の先生によっては2週間分ほどしか処方箋を出してくない方もいるのでこまめに受診する必要も出てきます。受診したときには、いくら症状が軽くて気にならない部位のこともしっかりとは話しましょう。


これと同じことがヨーグルト・乳酸菌サプリにも言えます。乳酸菌を摂取すると花粉症の症状を緩和する効果があるとされていますが、なるべく早めから継続的に摂取すると効果が実感しやすくなります。


参考:花粉症にはヨーグルトが効果あり?乳酸菌の効果を解説



<<前の記事「花粉症の薬はいつから飲み始めればいい?」へ
                      >>次の記事「花粉症対策法!おすすめの食品、避けたい食品」へ


●関連記事
花粉症のための血液検査(アレルギー検査)
季節ごとの花粉の時期カレンダーと分布地域【全国版】
花粉症と間違いやすい病気