おすすめの花粉症対策グッズの紹介
★花粉症対策【空気清浄器・加湿器】のグッズ紹介・選び方

このページでもお話しましたが、普通の生活していて、外出しないというのは不可能ですよね。

自分がなるべく外出をしないように心がけていても、家族が帰宅して花粉を家の中に持ち込むこととなってしまいます。

ですから、家の中に花粉を絶対に侵入させないというのはまず無理です。

そこで、家の中に入ってきた花粉をしっかりと除去することが大切です。


その方法として、とても有効だと言われているのが「空気清浄機」です。

空気清浄機は、今問題となっている中国の大気汚染物質、PM2.5にも効果的な対処法だと言われているので、花粉も除去できてお勧めです。


空気清浄機だけに頼っていてはいけません。大前提として、こまめに掃除することも必要です。

また、喉が乾燥してしまったり、ウイルス感染もしやすくなるので、加湿機も必要不可欠です。

最近では、空気清浄機に加湿機の機能がついているタイプもありますので、そういったタイプなら一石二鳥ですね。

室内に侵入した花粉は空気中を漂い、その後床に落ちていきます。ですから、空気清浄機は床に直接置いて使用する方がいいです。


さらに、加湿機の効果はそれだけではありません。

床に落ちた花粉は、人が歩くことによっても再び舞い上がります

加湿機により部屋の中を加湿することによて、花粉の舞い上がりも防ぐことが出来るんだそうです。


空気清浄機を置く場所はどこが最適?

まず、外から花粉が持ち込まれる一番最初の場所が"玄関"

玄関は、一番頻繁に人が出入りする場所でもあり、室内と外気との境界線でもあります。

ここをまずブロックして部屋の中に花粉がいかないようにすることが重要です。


また、人が動くことで花粉が舞い上がったりするので、ドアの付近も空気清浄機の設置ポイント。

どうしても空気清浄機は部屋の隅に置いてしまいがちですが、ドアが開け閉めされることによって空気が動き、花粉が舞い上がりやすいドア付近はとても有効です。


また、寝ている間は花粉を大量に吸い込みやすいので、寝室にも置くといいです。就寝前の30ほど前に空気清浄機をつけるといいみたいです。


●タバコ、ペット、花粉、ウィルスに!【送料無料】14畳まで対応空気清浄機



ペットの臭いが気になるときにも効果的な脱臭機能もあるスグレモノです。

この空気清浄機の特徴としては、プレフィルター、特殊加工活性炭フィルター、集塵フィルターの3種類のフィルターです。

まず1つめにプレフィルターは、ペットを飼っている人なら絶対気になる、抜け毛やホコリも除去してくれます。

これは家族だけではなく、自宅に遊びに来たお友達やお客さんも気になることですよね。

次に、特殊加工活性炭フィルターは、ペットの臭いで一番気になるアンモニア臭を取り除きます。

集塵フィルターは、ホコリやウイルスなどカビ、花粉などを除去する、集塵機能のついたフィルターです。

これらのフィルターは、使う人のニーズに合わせて各フィルターをオプションとして増設することができます。

例えば、ペットをたくさん飼っている人は特殊火口活性炭フィルターを3枚まで増やすなど、好みによってその機能を強化出来るのはおすすめな点です。



●ダイキン 加湿空気清浄機うるおい光クリエール 通販モデル TCK70M

この1台で、空気清浄機と加湿機、脱臭の機能が全て揃う空気清浄機です。

空気清浄機で楽天ランキング1位を取得したこともあり、
人気が高いです。

最大では30畳まで可能で、今話題になっている中国の大気汚染問題のPM2.5や、黄砂、花粉などの集塵効果もあります。

このダイキンの空気清浄機は、高速ストリーマユニット、プラズマイオン化部、プレフィルター、集塵フィルター、光触媒チタンアパタイトフィルター、光触媒&ストリーマ脱臭触媒フィルターで構成されています。

それぞれのフィルターが、ホコリや花粉をプラスに帯電させたり、花粉を吸着させたり、臭いを抑えたりする効果があります。


そしてこの空気清浄機のメリットとしては、光速ストリーマによって有害化学物質の分解力が非常に高く、さらに水で雑菌を除菌することができ、花粉の奥深くまで分解し除去することができます。

また、本体下部分に吸込口を配置したことにより、床にとどまってしまいがちな花粉もしっかりと吸い込むことが出来るようになりました。

さらに、ダイキンがこだわっているのは、"電気による集塵技術"

ホコリや花粉などを、電気の力でパワフルに集塵することが可能となりました。



●フィルター交換不要!高圧電流でタバコの煙 花粉 チリ ほこりを吸着『エアーリフレッシャー』

この空気清浄機は、とっても小型なため部屋に置くスペースがない家庭や、フィルターの交換するタイプだと費用が心配という方、24時間使いたいけど電気代が不安という方などにおすすめです。

エアーリフレッシャーは、超コンパクトなボディで、フィルターも交換不要です。

小さいのでクローゼットの中にもおけるし、24時間使用していても電気代は1ヶ月20円というとても経済的な空気清浄機なのです。

タバコの臭い、ホコリ、花粉を吸着し、イオンとオゾンによって除菌・消臭・脱臭・集塵が可能です。

購入者の声では、音もなく静かで、タバコを吸うとすぐにフィルターを交換しなければならないのに、フィルター交換不要だし、値段の割に効果が抜群と大絶賛のようです。



●BALMUDA(バルミューダ)JetClean(ジェットクリーン)空気清浄機 省エネ 静音 PM2.5

コンパクトな設計ですが、6畳から36畳まで対応で、PM2.5や花粉にも対応しています。

バルミューダの空気循環ノウハウにより、強力なファンにより空気を吸引し、空気を清浄するだけでなく空気循環気流を作り出すという新しい発想から生まれた空気清浄機です。

寝ている間も気にならないほど静かな稼働で、最高峰とも言える稼働パワーなのに省エネを実現しています。

空気を循環させることにより、室内のホコリや花粉、臭いを吸着し、歩くだけでも舞い上がる微粒子を逃がしません。

独自開発のターボファンと、特許まで取得しているグリーンファンで、8畳を8分足らずで清浄可能という強力な除去技術です。

この大気汚染物質のPM2.5は、16畳の空間でも20分で90%も除去するほど高性能です。

今ならレビューを書くと¥6800相当の交換用フィルターが数量限定でもらえちゃいます。

私が空気清浄機を調べていた中でも、この空気清浄機の性能や構造はとてもすばらしいと思いました。



●「シャープ 高濃度プラズマクラスター 加湿空気清浄機」のネット通販

お部屋の臭いや花粉などを除去出来る、シャープのこのプラズマクラスターは、とても有名で信頼出来る実績がありますね。

このプラズマクラスターは、空気力学に基づき、空気をスピード吸塵して浄化します。

HEPAフィルターという集塵フィルターで、ホコリを99%以上除去し、10年間交換不要なので、コスパもいいですね。

また、加湿機の機能もあるので、湿度は60%に保たれ、脱臭フィルターは洗うことが出来るのでとても衛生的です。

省エネが出来るので、強運転で1日使用しても電気代はたったの18円というお得な電気料金です。

うるおいキレイ実感モニターでは、効果が目で確認出来るので、嬉しいポイントですね。




<<前の記事「★花粉症対策【マスク・うがい薬】のグッズ紹介・選び方」へ
         >>次の記事「★花粉症対策【布団乾燥機・洗濯グッズ・衣類のブラシ】の紹介・選び方」へ


●関連記事
★2013年花粉症の市販薬・漢方情報!今話題のアレグラまで
★花粉症対策【掃除機・エアコン商品】の紹介・選び方
★花粉症対策【目薬・洗眼薬・メガネ】の紹介・選び方